restaffine
Boronとは?

boron

1970年半ばに日本で初めて発表されたBoronロッドは重く、硬すぎてすぐに姿を消し、また優れた特性を持ち、今でもプレミアが付くほど支持された銘竿はBoron素材の高価すぎる故に作られなくなった事から、Boronは金属で強いが、重いし高い。。。等々の間違ったイメージが全般的に広まって現在に至ります。その後、Boronを使用したロッドがいろいろリリースされていますが、そのほとんどは部分的にBoronを使用したものでした。

レスターファインはBoron繊維の伸縮性能のたぐいまれな特性を生かし、Boron繊維をロッドの全長に先端からバットまで、切れ目無く通したーフルレングスBoronロッド-を作り続けています。

Restaffineの Full Length Boronロッドを手にされたほとんどの方が「フルレングスBoronでこんなに軽いの?」と驚かれます。

Boronは非常に強い高価な材料ですが、金属繊維ですから質量的にはカーボンよりも重く、ロッドにしめる含有%が多ければ良いロッドになるか?というと そうではありません。使い方を間違えばただ硬い、重いロッドになってしまい、カーボン、グラス等との適正なパターンバランスを得て初めてその特質を発揮します。

またTip直径0.5mmにも満たない極細マンドリルにBoron繊維を巻きつける特殊技法もFull Length Boron Blanks製作の難しさです。

Boronロッドに関してRestaffineがフルレングスにこだわるのは、ロッドの縦方向にBoron繊維の比類ない特質を求めるもので、Blanksの手元に来るほどに構成素材のプライ数[ 鉄芯に巻きつける回数 ]が多重構造になる「手元重心多重構造」の肉厚シャフトが、持ち重りの少ない粘りあるシャフトを生み出し「どうしてフルBoronでこんなに軽いの?」と不思議がられる所以です。

レスタボロンのデザインコンセプトの中で、ロッドの「パワー」は決して「硬さ」ではありません。カーボンロッドのパワーの限界が「それ以上曲がらない強さ」とでも表現するならば、レスタボロンのパワーのコンセプトは「曲がりの限界に近づいても、さらに一瞬曲がって、尚瞬間に戻るボロンの粘り特質を最大限に引き出す事にあります。

試しにXUL仕様のBoronロッドテイップを少し(5cm~10cmほど)押さえてやると抵抗少なくソフトに曲がりますが、さらに少し曲げ込んでやると、ある一点からボロン繊維の張りが生まれ、ロッドの曲がりが止まり始める事が感じられます。この点からあと、さらに加えられる荷重に応じて俊敏に、パワフルにしかもやさしく、ボロンBlanksの粘り特質が発揮されるのがおわかりいただけます。


[ フルレングスBoronの特性 ]

ボロン画像

ブランクスの先端からバットエンドまで、切れ目なく贅沢にBoron繊維を通したブランクス。

その特化した特性をフルに生かしたブランクス特性。

「Boron」が誤解を受けるのは、Boronの剛性がロッドの強さに加わる と、無意識の期待感からなのかも知れません。 これは大きな間違いで、カーボンロッドと同等パワーのフルレングスBoronロッドを作る場合、Boron相当のCarbonを抜いてやらないと、ロッドは強くなりすぎます。 すなわちBoronロッドではCarbon材料が減って その分Carbon素材の特性がBoron素材の特性に置き換わった事になります。

Boron素材は金属でCarbon素材とは大きく違った特性を持っており、伸縮に対してとんでもないパワーを持っていますが、ロッドが空荷重でブランクスが曲らない状態ではその強さは現れておらず 空加重ではCarbonのみのロッドより幾分かソフトにさえ感じられます。

ひとたび曲りはじめると、[ロッド設計によって違いがありますが、空荷重の真っ直ぐな状態からロッドテイップが10cmほども曲り始めると、伸縮に対して生まれたパワーは驚くべき粘りを生じ、ベンデイングが大きくなるにつれてその粘りのパワーは大きくなります。

ウエイトの軽いジグをキャストしたい時等、Carbon素材のみのロッドよりもロッドにウエイトがのり、キャスト が非常に心地よいのも、通常より少々重い目のJigを使いたい時にも空荷重で感じていた以上のウエイトを楽に使用出来るのも、シャクリ後のロッドのリアクション速度が速すぎず、遅すぎず、フッキングに際しても、弾きが少なく、かといってソフト過ぎず的確なフックセットを楽にしてくれ、尚かつ不意のモンスターを相手にした時にもロッドをぐっと維持して耐えているだけでBoronパワーが、モンスターの走りを抑え無理の無いランデイングに導いてくれます。

ロッドハンドルからロッドエンドまで全体をベンデイングパワーに設定した New Bending concept.

フルレングスBoronの強靭な粘りと フルベンディングシステムが生み出すパフォーマンスは、手に取る様にわかる超高感度、予想外のモンスター相手の時にも、走りをじっと耐えているだけで、やがてロッドがモンスターを寄せて来てくれる。。等々

これまでに無い新しい快釣感を体感させてくれます。





ご質問はこちらから ……… TEL:077-592-8121 FAX:077-592-0107 E-mail:restaffine@iris.eonet.ne.jp