ロッドデザインの概念

New Blanksのベンディンググラフデータチェック
 フィッシングロッドの特質は、時代と共にタックル、メソッド、テクニックとロッドを構成する素材・パーツの革新と共に大きく変わってきました。

 しかし、昔も今も、また世界中どこでもフィッシングロッドの本質である「ゲームフィッシュを釣る目的手段」として、ロッドに求められる本来の不可欠要素に変わりはありません。キャスト…バイト…
フッキング…ファイティング…ランディング。一連の作業の中で各時点の複雑な環境にフィシャーマンの個性的手法と好みが絡み合います。

 Restaffineのロッド作りは、力でなく技で(キャスト)−違和感無く自然に(バイト)−相手に与えるショックを極力小さく(フッキング)−相手の力を真っ向から受けるのではなく 力の方向を変えて(ファイティング)−相手が極めて元気なうちに(ランディング)、の理念に基づいてデザイン しています。

 
 Boronマテリアル
 
2本脚ガイドの脚の間にもエポキシを塗り込んで仕上げます。ロッドを回転させて塗布するため、この部分を塗るにはロッドの回転を止めなければならない、大変手間のかかる作業ですが、ガイドの脚の対ネジレ強化に大きく貢献しています。創成期からすべてこの仕上げを採用しています。
 Boronという名の魔法のマテリアル。Restaffineはカーボンやグラス素材だけでは成し得ないパーパスビルド(目的に応じた)ロッドをBoronの力を得てつくり続けています。


  Restaffineの Full Length Boron(ロッド先端からButt部まで切れ目なくBoron繊維を通した)ロッドを手にされたほとんどの方が「フルレングスBoronでこんなに軽いの?」と驚かれます。
  Boronは非常に強い高価な材料ですが、金属繊維ですから重量的にはカーボンよりも重く、ロッドにしめる含有%が多ければ良いロッドになるか?というとそうではありません。使い方を間違えばただ硬い、重いロッドになってしまい、カーボン、グラス等との適正なパターンバランスを得て初めてその特質を発揮します。Tip直径0.6mmにも満たない極細マンドリルにBoron繊維を巻きつける特殊技法もFull Length Boron Blanks製作の難しさです。


  Boronロッドに関してRestaffineがフルレングスにこだわるのは、ロッドの縦方向にBoronの比類ない特質を求めるもので、Blanksの手元に来るほどに構成素材のプライ数[ 鉄芯に巻きつける回数 ]が多重構造になる「手元重心多重構造」の肉厚シャフトが、持ち重りの少ない粘りあるシャフトを生み出し「どうしてフルBoronでこんなに軽いの?」と不思議がられる所以です。


  レスタボロンのデザインコンセプトの中で、ロッドの「パワー」は決して「硬さ」ではありません。カーボンロッドのパワーの限界が「それ以上曲がらない強さ」とでも表現するならば、レスタボロンのパワーのコンセプトは「曲がりの限界に近づいても、さらに一瞬曲がって、尚瞬間に戻るボロンの粘り特質を最大限に引き出す事にあります。試しにXUL仕様のBoronロッドテイップを少し(5cm〜10cmほど)押さえてやると抵抗少なくソフトに曲がりますが、さらに少し曲げ込んでやると、ある一点からボロン繊維の張りが生まれ、ロッドの曲がりが止まり始める事が感じられます。この点からあと、さらに加えられる荷重に応じて俊敏に、パワフルにしかもやさしく、ボロンBlanksの粘り特質が発揮されるのがおわかりいただけます。

ご質問はこちらから ……… TEL:077-592-8121 FAX:077-592-0107 E-mail:restaffine@iris.eonet.ne.jp